フィンジア

フィンジアとプロペシア(フィンペシア)の併用は最強かも!と思った話

フィンジアとプロペシア(フィンペシア)にはお互いに弱みがあって、それを補強し合えば完璧な育毛効果が期待できるかも。

これが併用を思いついたいきさつですが、うまくいけば最強の組み合わせになります。そのあたりを詳しく説明するので、興味がある方はお試しくださいね。

話の前に、プロペシアとフィンペシアの関係をちょっとだけ。

先発薬がプロペシア、その激安コピーがインド製のフィンペシアという関係なんです。

どちらもフィナステリドが有効成分なので、効果も同じはず。

激安だから利用者が多く知名度も高いので、以下フィンペシアの名称を使います。

フィンペシアの良い所・悪い所

そのフィンペシアですが、有効成分はフィナステリドだけ。代表的なAGA(男性型脱毛症)治療薬の一つで、脱毛を抑える効果では最も信頼の厚い医薬品です。

ただし、弱点もあって、そこで併用が考えられることにもなるんです。

フィンペシアの評価すべき部分と、逆の弱点について紹介していきましょう。

フィンペシアが評価される良い所とは?

脱毛抑制効果が最強

AGAを発症すると、抜け毛が増えて次第に薄毛が進行します。この症状は男性ホルモンが変化したDHTが原因で、これが抜け毛を起こすことで発症します。

DHTを作るのは5αリダクターゼという酵素。

フィンペシアの成分・フィナステリドはこの酵素の働きを抑えてDHTを作らせず、結果的に抜け毛を防ぎます。

この作用を持つ物質は数多くありますが、フィンペシアはその中でも最強。最も効果的にDHTを抑える成分なのです。

日本皮膚科学会から最高ランクに推奨される成分

フィンペシアの主成分・フィナステリドは、日本皮膚科学会が作成したAGAの治療ガイドラインでAランクに評価されています。

このランクは、下記の3つの成分だけしかありません。


出典元:https://www.dermatol.or.jp

Aランクは治療に使うよう「強く勧める」最高ランク!

効果についての優れた根拠があることもAランクの条件なので、これ以上ない高い信頼性が認められていることになります。

効果についての国内臨床試験データがある

フィナステリドについては、日本人を対象にした臨床試験データがあります。そのうち、1年間の継続使用で98%の人に効果が見られました。


出典元:https://www.msdconnect.jp

98%のうち、改善が58%、現状維持が40%でしたが、3年後には改善78%、現状維持20%に向上。長期使用するほど、高い効果が得られることがわかりますね。

フィンペシアの評価で悪い所とは?

フィンペシアには要注意な副作用がある

フィンペシアといえば、ネット上で副作用がよく話題になります。それだけ特徴的な副作用が出る可能性があるんです。

重大な副作用では肝機能障害が。そして、アレルギーに始まって、ひときわ多い生殖器系、乳房肥大に抑うつなど、かなりやっかいな症状が見られます。

フィンペシアは内服薬なので、影響は全身に及びます。簡単じゃない副作用なので、使う場合はこのことを理解しておくことですね。

フィンペシアの効果はDHT抑制だけ

フィンペシアは、5αリダクターゼの働きを抑える薬です。その結果抜け毛を防ぎますが、髪の毛を生やす作用はありません。

抜け毛が減り、長期的には成長期の髪が多くなってきますが、薄くなってしまった部分が復活することまでは望めません。

髪の成長促進については、あまり期待できない成分なんです。次はフィンジアです。

フィンジアの良い所・悪い所

フィンジアは、キャピキシルが主成分の育毛剤です。関心が高い成分・キャピキシルを配合した育毛剤が次第に増える中、実績も人気も上昇中。

フィンジアの良い評価にはどんなことが?

キャピキシルは臨床試験で効果が確認済み

主成分のキャピキシルは、その育毛作用がいくつもの臨床試験で確認されています。これがあると利用者には信頼感が生まれ、好感度が上がるのです。

その試験のうちの一つがこれ。


出典元:https://www.slideshare.net

キャピキシルを4ヵ月使った結果、上のグラフのように成長期の髪が13%増え、下のグラフでは抜け毛になる休止期の毛が29%も減少。

キャピキシルには、休止期の毛を成長期に移行させる作用が望めることがわかります。これって、医薬品のミノキシジルと全く同じ働きなんですよね。

他にも効果的な成分が多数配合

フィンジアにはもう一つ注目される成分があります。ピディオキシジルといって、ミノキシジルを改造して副作用を抑えた物質なんです。

この成分にも実証試験がありました。ピディオキシジルでマウスにどれだけ毛が増えたかを、ミノキシジルと比べたもの。


出典元:https://www.slideshare.net

マウスの毛の増え方を重さで比較しました。

真ん中のミノキシジルと右端のピディオキシジル(表記:kopyrrol)は、同程度に増えているように見えますね。

その他の成分では、脱毛の原因・DHTを抑制するヒオウギエキスや、頭皮の環境を改善する成分も配合。フィンジアには育毛全般への作用が期待できます。

国内でも臨床試験で効果を確認済み

上記の試験は海外の製造元によるものですが、国内でも販売元ユーピーエスと、日本薬科大学との共同試験が実施されました。

試験は個別の成分ではなく、フィンジアとしての効果を調べたもの。写真で経過を見るほか、髪の本数や密度、毛穴からの本数などの変化を数値でチェックしました。


出典元:https://www.atpress.ne.jp

試験の結果、フィンジアで十分な育毛効果が期待できることが確認され、この結果は香粧品専門誌・フレグランスジャーナルに掲載されています。

副作用の可能性はほとんどない

フィンジアの成分では、副作用の可能性はほぼゼロ。

フィンジアで副作用となるとニュースになりますが、そんなことは聞いたことがありません。

効果と副作用は裏腹の関係といわれます。

でも、フィンジアの場合は効果があっても副作用はなし。フィンペシアの副作用が気になる人は、フィンジアを選ぶことですね。

フィンジアには全額返金保証制度がある

返金保証制度とは、もし体に合わない場合は代金が戻される制度です。

フィンペシアのような医薬品にはないのが普通。逆に通販育毛剤ではほとんど完備され、フィンジアにももちろんあります。

副作用が気になるフィンペシアにこそ欲しい制度ですがねぇ…。逆に副作用がないフィンジアではあまり使う場面はないでしょうが、体質もあるので、安心なことは確かです。

フィンジアの評価で悪いところは?

DHT抑制作用がフィンペシアより弱い

AGAの抜け毛対策は、育毛剤には必須の機能です。フィンジアでもビオカニンAとかヒオウギエキスなどの成分が、DHTが作られるのを防いでいます。

でも、抜け毛を防ぐ力はフィンペシアには及びません。フィナステリドの脱毛抑制力は現在のところ最強。脱毛抑制に特化したこの医薬品と比べると、フィンジアに勝ち目はないでしょう。

フィンジアは使うのが面倒

フィンジアは、朝と夜の2回毎日休まず頭皮につけ続けます。その後はしっかりマッサージも必要です。

面倒がって手を抜くと、それが効果に影響します。性格にもよるでしょうが、かなり苦痛な人も多いはず。

でも、フィンペシアなら1日1錠を決めた時間に飲むだけ。全く手間はかかりません。

手間がかかる点もまたフィンジアの弱みです。

フィンペシアの良い所・悪い所をまとめ

長くなったので、要点をまとめておきますね。

◎フィンペシアの良い所
  • 脱毛抑制効果では最強の成分
  • 日本皮膚科学会から最高ランクに推奨
  • 効果についての国内臨床試験データがある
◎フィンペシアの悪い所
  • 要注意な副作用がある
  • 効果はDHT抑制だけ

フィンジアの良い所・悪い所をまとめ

フィンジアの要点もまとめておきますね。

◎フィンジアの良い所
  • 主成分は臨床試験で効果が確認済み
  • 国内での臨床試験も実施
  • 副作用の可能性はほとんどない
  • 全額返金保証制度で安心して購入
◎フィンジアの悪い所
  • DHT抑制作用がフィンペシアより弱い
  • フィンジアは使い方が面倒

フィンジアとフィンペシアの併用はお互いの弱点を補う

フィンジアにもフィンぺシアにも、いい所や弱点がけっこうありました。これを、効果の部分だけに絞ってみましょうか。

  • フィンペシア…DHT抑制が最強、育毛効果なし
  • フィンジア…DHT抑制作用は普通にあり、育毛効果は期待できる

両方の良い所と弱点が同じではありませんね。こういう関係が、併用するにはもってこい。最適な関係なんです。

フィンペシアの育毛効果不足はフィンジアで補完

フィンジアとフィンペシアを併用する最大のメリットは、一方の弱点をもう一方が補完できることにあります。

フィンペシアの大きな弱点は、発毛・育毛効果がないことでしたね。一方のフィンジアには、キャピキシルやピディオキシジルなど、ミノキシジル並みに育毛に優れた成分が配合。

この2つを併用することで、フィンペシアに足りない育毛作用はフィンジアが引き受けます。両方の弱点と長所がうまく噛み合うのです。

DHT抑制作用が併用でもっと強くなる

どちらにも薄毛の原因ホルモン・DHTが作られないようにする働きがあります。じゃあ併用しなくてもいいのでは?と思うでしょう。

でも、アプローチが違えば効果も違います。

フィンペシアはもともと最強のDHT抑制薬で、内服で使います。これにフィンジアを併用すれば、その成分は頭皮から直接浸透します。

フィンジアとフィンペシアの併用では、身体の内外からの両面作用に。その結果、より強力な相乗効果が望めます。

それに、フィンジアのやや弱めなDHT抑制作用が、フィンペシアで補強されるという面もありますね。これも弱点と長所の効果的な組み合わせなんです。

副作用対策でも併用は有効に働く

フィンジアには副作用の心配がありません。一方のフィンペシアには厄介な副作用の可能性が。

効果は欲しいけれど、副作用は困るという人にも併用がおすすめです。フィンペシアを最初は3日に1回ぐらいの割合で使い始め、慣れてきたら交互に使います。

こういった方法で併用にすれば、DHT抑制効果はかなり強化されます。そして、副作用リスクも抑えることが期待できるでしょう。

ところで、その副作用ってどんなの?

フィンペシア(プロペシア)の副作用は理解しておこう

フィンペシア(プロペシア)の主成分はフィナステリド。この成分で起こる可能性がある副作用には、次のような症状が挙げられます。(プロペシアの添付文書)


出典元:https://www.msdconnect.jp

重大な副作用では肝機能障害が起こる

薬は何であっても肝臓に負担がかかるものですが、フィンペシアでは特に影響が大きいようです。

使用中は肝機能のチェックが欠かせないし、もともと肝臓に異常がある人は使用を控えましょう。

個人輸入ではセルフチェックになるので、特に要注意ですね。

フィンペシアには特徴的な副作用がある

副作用リストで過敏症とされているのは、薬では一般的な症状。その他に目につくのが、生殖器関連がすごく多いことですね。

発症率が高いのはリビドー(性欲)減退、続いて勃起不全や射精障害が多くなっています。発症すると、男性にとっては重大な影響がある症状ばかり。

フィナステリドが抑制するDHTとは、そもそも力が強い男性ホルモンです。それを抑えるのだから、生殖器系の副作用はその影響だとする説があります。

その他の症状にある乳房痛や乳房肥大にも、ホルモンが関わっているのかも。いずれにしても因果関係は未解明ですが、こうした事実があることは理解しておきましょう。

フィンペシアの副作用は避けて、効果だけいただきたいのですが…。

フィンペシアの副作用がイヤな人は育毛サプリ

フィンペシアの脱毛抑制効果は魅力的だけど副作用は困るよ、絶対に!特に若い人はそう思うでしょう。それなら育毛サプリです。

育毛サプリは分類的に食品なので、副作用が出る材料はNG。なので、アレルギー体質の人以外は副作用とは無縁です。

それに、DHTを抑制するのはフィナステリドに限りません。内服のサプリ向け成分では、例えばノコギリヤシやイソフラボンはDHT抑制効果に定評が。

そして、育毛サプリなら、髪を作るアミノ酸やビタミンなども同時に摂取できるので、効率よく薄毛対策ができるんです。

育毛サプリのベストはイクオスサプリEX

フィンペシアの代替として使う育毛サプリでは、現状ではイクオスサプリEXが№1でしょう。

フィンペシアの代わりになるDHT対策には、メインのノコギリヤシにフィーバーフュー、大豆イソフラボンを配合。

複数の成分でしっかり抑制します。

ところで、イクオスサプリEXは単なるフィンペシアの代役ではありません。もっとすごい能力を持った、超優秀な育毛サプリなんです。

成分数・配合量とも業界トップクラス

イクオスサプリEXの成分数は46種類と、業界でもトップクラスになります。抜け毛対策のほか、髪の成長促進や栄養補給成分をたっぷり配合しています。

ボストン、フェルサという有名サプリ2種類との比較表です。

イクオスサプリEX ボストン フェルサ
成分数 46種類 27種類 23種類
ノコギリヤシ 300mg 300mg 100mg
亜鉛 12mg 4mg 3mg
イソフラボン 100mg 20mg なし
コラーゲンペプチド 100mg 100mg なし
ミレットエキス 150mg 5mg 100mg
イチョウ葉エキス 10mg 10mg なし
ヒハツエキス 5mg 5mg なし

イクオスサプリが成分配合量を公表しているのはもちろんのこと、その量はどのサプリにも負けていません。

DHT対策のノコギリヤシ300㎎は効果が望める最適量。髪を作る亜鉛は1日分の目安を超える12㎎など、どの成分も必要な量が確保されています。

イクオスサプリEXは成分の種類だけではなく、配合量でも業界トップなんです。

購入しやすい価格でも業界トップクラス

内容がすごくいいサプリなので、値段もそれなりに高そう。ところが実は安いんです。

最安価格 購入方法 継続規定
イクオスサプリEX 4,730円 1本定期コース なし
フェルサ 5,980円 2本定期コース 2回
ボストン 5,213円 3本定期コース 3回
チャップアップサプリ 4,980円 5袋セット なし

主だった育毛サプリと比べても、一番安い値段です。チャップアップサプリも4千円台ですが、こちらは成分量が非公表なのがイマイチ。

フェルサやボストンになると、当たり前に5千円越えの上に回数縛り付き。イクオスサプリは買いやすい1本定期で縛りなしなので、安いうえに購入しやすさでもトップなのです。

フィンジアとフィンペシアの併用まとめ

フィンジアは、AGAに対処する2大作用・育毛促進と脱毛抑制を備えます。単独でも対処はできますが、抜け毛対策に手薄感がありました。

一方のフィンペシアは、最強の抜け毛防止薬。併用すればフィンジアの弱点を埋められるし、フィンジアが持つ発毛・育毛促進効果を目いっぱい生かせます。

ところが残念なことに、生殖に関する困った副作用でも有名でした・・・

これは男として一大事。誰だって嫌で敬遠したい副作用ですよね。

併用のメリットを安全に受け取るには?

そこで注目したいのが育毛サプリです。抜け毛対策では評価が高いノコギリヤシ配合の育毛サプリ。

中でも最強のイクオスサプリEXがおすすめです。

これならフィンペシアの代役にうってつけ。育毛作用まで強化できますしね。

副作用のリスクを無視して効果だけで選ぶなら、フィンジアとフィンペシアの併用もベスト。

でも、安全面に配慮すると、フィンペシアに代わってイクオスサプリEXとの併用がベストってことなんです。

私はお金がないからフィンジアだけでしたけど、イクオスに変更してイイ感じではあります↓↓↓