フィンジア

データで検証!フィンジアが生え際の薄毛(M字・前髪)に効くのは嘘?

生え際の薄毛(M字・前髪)というのは、改善が難しい薄毛といわれます。リアップなど医薬品発毛薬でも、生え際の回復は簡単ではないようです。

ところがフィンジアは、その難しい生え際薄毛の改善が期待できるんです。

これ、決して嘘じゃありません!

フィンジアと生え際薄毛の関係を、根拠になるデータとともに解説していきます。

↓↓魔娑斗も推薦!全額返金保証付↓↓
 

生え際が薄毛になる原因①5αリダクターゼ

酵素の5αリダクターゼが抜け毛を起こす元凶

生え際(M字・前頭部・前髪など)が後退する、いわゆるハゲ上がりの原因の一つがAGA(男性型脱毛症)です。

薄毛の原因の大部分がこのAGA。原因物質DHTが髪の成長サイクルを乱し、脱毛を起こします。

出典元:https://www.kao.com

DHTを作るのは、5αリダクターゼという酵素です。男性ホルモンを変成させて強力な脱毛作用を持つDHTを作り出す、薄毛の元凶なのです。

生え際はこの酵素が大量に集まる場所で、頭頂部の2倍とも。作られるDHTの量も、ハンパなく多くなります。脱毛作用が強くなるのは自然な流れですね。

普通の対処ではなかなか改善できないのは、こんな事情があるからなのです。

フィンジアの5αリダクターゼ対応は?

AGAの対処で一般的なのが、この酵素・5αリダクターゼの働きを抑えてDHTを作らせないこと。この方法が、AGA対策の基本中の基本です。

フィンジアの対応もこの方法になります。ただ、他の育毛剤と同じでは、生え際の薄毛は改善しにくく効果も期待できません。

フィンジアに配合されるキャピキシルには、ビオカニンAという物質が含まれます。この成分が5αリダクターゼを阻害する主役に。

ビオカニンAの強力な5αリダクターゼ阻害作用

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、DHTを作る能力が高いのはⅡ型のほう。これが前頭部の生え際に多く集まっています。

ビオカニンAは、このⅡ型を特に強く阻害する特徴があるのです。


出典元:http://www.redenhair.com

EGCG(茶カテキン)との比較試験では、ビオカニンAはⅡ型の働きを93%も阻害しています。これではDHTがほとんど作れないでしょうね。

EGCGの阻害率と比べると、ビオカニンAの抑制作用がいかに強いかがわかるでしょう。

ビオカニンAとヒオウギエキスの相乗作用にも期待

フィンジアには、DHTを抑える成分がもう一つ、ヒオウギエキスが配合されます。抑制作用はビオカニンと同じで、5αリダクターゼの働きを阻害します。

同じ作用の成分二つが協調してDHTの生成を抑えます。相乗作用でより強力になった脱毛抑制効果が期待できるのです。

また、ヒオウギエキスはイソフラボンの一種。エストロゲン(女性ホルモン)と似た働きがあり、毛母細胞を活発にして髪の成長を促す育毛効果も望めます。

このヒオウギエキス、脱毛抑制と髪の成長促進という、複合的な作用を持つ有用な成分なんです。

生え際が薄毛になる原因はもう一つあります。

生え際が薄毛になる原因②血行不良

血行不良で発毛促進ができなくなる

生え際の薄毛は、AGAだけとは限りません。血行不良でも薄毛は起こります。

前頭部は皮膚の下がすぐ頭蓋骨。そこにある血管は細くて、流れる血液も少量です。すると、血流で運ばれる髪の栄養も少なくなり、髪の成長に適した環境ではありません。

そこにストレス、睡眠不足などが加わると、細い血管が収縮して血行はさらに悪化。栄養不足が慢性化すれば、髪の成長は損なわれて抜け毛が増えます。

もともとの悪条件に別の要因が重なることで、発毛促進ができなくなります。それが生え際の薄毛にもつながる、というワケですね。

フィンジアはピディオキシジルで血流回復

フィンジアの主要成分の一つピディオキシジルは、発毛薬・ミノキシジルの分子構造と非常によく似ています。


出典元:https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov

元の性質を残して、副作用が出にくいように一部を改変したものなので、育毛作用はミノキシジルにそっくり。

つまり、ピディオキシジルには、毛根に作用して毛母細胞を活性化、発毛を促す作用が望めます。そして、血管を広げて血流を増やす効果も期待できるんです。

この作用で、生え際で起こった薄毛の改善が見込めるということなんですね。

ピディオキシジルの薄毛改善効果のデータはコレ!

ピディオキシジルの効果についてのデータは、次のような実験結果が公表されています。


出典元:https://www.slideshare.net

グラフの真ん中がミノキシジルで、右端がピディオキシジルを塗ったマウスの毛の重さを表しています。左端の何もしない群に比べて、毛の成長は明らか。

その増え方は、どちらもほぼ同じ程度ですね。結果として、ピディオキシジルにはミノキシジルと同等の、毛を成長させる作用が見られました。

フィンジアには血行促進成分が他にもある

血流を増やす成分は、ピディオキシジルだけではありません。フィンジアの有効成分センブリエキスは胃腸薬で有名ですが、血行促進作用でも知られます。

髪の栄養は、頭皮の毛根部にある毛細血管から補給されますが、センブリエキスはこのような末梢の血管に作用して、血管を広げ血流量を増やします。

もう一つ、フィンジア配合のカプサイシンも、身体の代謝を上げて体を温めます。すると、頭皮の毛細血管が広がって、血流を増やすことができるんです。

その血流で栄養が豊富に届けられ、毛乳頭や毛母細胞が活発に増殖。生え際の抜け毛を減らすし髪の成長も期待できます。

生え際対策ではフィンジアに期待していいんですが、他の方法も合わせればもっと効果的かも。

フィンジアだけに頼らない!他の対策法

生え際の薄毛は難物です。原因が単純でないだけに、フィンジアを使うこと以外の対処法も知っておくべき。それを小まめに実行するのがコツなんです。

正しい使い方とヘアケアがフィンジアの助けに

フィンジアは有効でも、正しく使わないと効果は発揮できません。

  • 1日2回、朝と夜に必ず使う
  • 毎日休まず続ける
  • 1回の使用量は5~10プッシュ
  • 毎回使った後は頭皮マッサージ
  • 最低限3ヵ月は続ける

決められた量を毎日使い、休まず継続することです。自分勝手な使い方では効果は望めないでしょう。

生え際の薄毛改善に役立つヘアケアとは?

毎日のヘアケアの方法も大切です。適切なヘアケアが生え際を守ることにつながります。

◎シャンプーはていねいに
フィンジアを使う使う前には、シャンプーで頭皮を清潔に保つのが基本です。ただし、ツメを立てて頭皮をこすったり、熱すぎるお湯を使うのはNGですよ。

頭皮に強い力・刺激が加わると、傷になったり炎症のもとになります。抜け毛と直結するので、洗うのは優しくていねいにを心がけましょう。

◎乾燥はドライヤー
きれいに洗っても、濡れたままでは雑菌が繁殖。炎症を起こして抜け毛の原因を作ります。

タオルで水分を取った後、ドライヤーを使って完全に乾燥させます。温度が高すぎないよう注意してくださいね。

生活習慣の見直しでも生え際の薄毛改善に

運動不足や睡眠不足など、普段の生活習慣からでも生え際の薄毛の原因になり得ます。その裏を返せば薄毛の対策にもなるのです。

運動習慣が生え際の薄毛に効果的

生活に運動を取り入れると、血行が促されて頭皮への栄養供給が改善。頭皮の健康状態がよくなり、薄毛の改善にも役立ちます。

その運動も筋トレのような強度の高い運動ではなく、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が効果的です。習慣的に毎日実行するとことをおすすめします。

十分な睡眠で生え際の薄毛を改善

髪の成長に必要な成長ホルモンは、眠り初めて1時間ほどで分泌のピークを迎えます。その後も1.5時間ほどの周期で分泌が高まります。

この周期は、深い眠りのノンレム睡眠と連動しているので、質がよく量も十分な睡眠をとることが生え際の回復には大切です。

酒とタバコは過剰摂取で薄毛の原因に

アルコールは、分解される過程でアセトアルデヒドに変わります。これはDHTを増やして薄毛にする物質。酒量が多いほど体内濃度も高くなるので、適量を心がけることですね。

それと、タバコは血管を収縮させ、髪に栄養を運ぶ血流を減少させます。そして、髪を作るビタミン類を消費してしまうのです。タバコは百害あるのみなので、禁煙を目指しましょう。

フィンジアは生え際の対応もできますが、あの有名なリアップは?

リアップは生え際(M字・前髪)の薄毛に効果がない?

リアップは、国内で承認・発売されている数少ないミノキシジル発毛薬の一つ。臨床試験では、被験者の98%の人で効果が確認されました。

確かな発毛効果を持っているんですが、生え際(M字・前髪)の薄毛はどうも苦手なようです。

リアップの生え際改善効果は未確認

有名なAGAクリニック・脇坂クリニックの公式サイトには、ミノキシジルの効果についてこのような説明がありました。


出典元:https://www.osaka-clinic.com

もう一つ、「化粧品成分用語事典2012」という本にも、同じようなことが。


出典元:https://books.google.co.jp

リアップの主成分・ミノキシジルには、生え際の薄毛では効果が確認されていないということですね。

はっきりと「効果がない」とは断言せず、「効果がある」ともいわない。何とも微妙な言い回し。

リアップの公式サイトでは、「(頭頂部の薄毛を伴うタイプであれば)M字や生え際などへの効果があります」と書かれているので、全然ダメでもないんですね。

全く効かないのではなく、効果が出にくいタイプの薄毛ということなんです。

リアップが生え際はダメならフィンジアもダメ?

生え際になぜ効果が出にくいのか。それは、生え際には5αリダクターゼが多く集まるし、もともと血行がよくない部分だからという理由があります。

つまり、生え際は抜け毛を起こす力が強く働く部分。ところが、リアップには脱毛抑制作用がなく発毛作用だけ。発毛を脱毛が上回ってしまって効果が出にくいんです。

医薬品のリアップがダメなら、育毛剤のフィンジアもダメなのでは?と思ってしまいますが、そこは違います。

フィンジアにはキャピキシルやヒオウギエキスが配合、脱毛の原因・DHTを強力に抑えます。

そのうえで育毛促進成分が働くので、リアップが効きにくい環境でも大丈夫。フィンジアは、リアップが苦手な生え際(M字・前髪)でも、どんどん改善を進めます。

まとめ

対処が難しいといわれる生え際(M字・前髪)の薄毛。主な原因は二つあって、一つはAGA、もう一つは血行不良でした。

生え際は、DHTが多く作られ血液が流れにくい場所。悪条件が重なる場所なのです。

フィンジアはこの二つの原因に、主成分キャピキシルとピディオキシジル、それを補完する成分群で対応します。主成分の作用は実証試験のデータ付きで、根拠は十分。

さらに、フィンジア以外に生活習慣やヘアケアまで見直すと、生え際の薄毛改善はより多くが期待できます。

生え際の薄毛は発毛薬・リアップでも効きにくい難物ですが、フィンジアなら、こういった手段を総動員して改善が可能なんです。