フィンジア

【盲点発見!】フィンジアとDeeper3Dを比較したら買いは一目瞭然!

キャピキシル系育毛剤では、元祖・Deeper3Dと人気のフィンジア。

この2つが代表的!

どちらが買いなのか、じっくり比較していきます。思わぬ盲点の発見で、違いは一目瞭然になるかも。

フィンジアvs Deeper3D 成分対決はDeeper3D勝利!

どちらも主成分はキャピキシルで、製造元が推奨する最大量・5%配合です。

育毛と脱毛抑制の両方に効果が見込める成分なんですが、特にミノキシジルの3倍という成長促進作用が、この成分のキャッチコピーみたいになっていますね。

キャピキシルの有効成分・アセチルテトラペプチド3とビオカニンAのうち、髪の成長にはアセチルテトラペプチドが関わります。その作用は実証試験で確認済み。

そして脱毛抑制にはビオカニンAが作用。薄毛の原因ホルモン・DHTを作る酵素5αリダクターゼの働きを阻害して、抜け毛を防ぎます。

ここまでは両方同じなので、効果の違いは他の成分次第ってことですね。

もう一つの主成分にはどんな違いがある?

キャピキシルの他にも、フィンジアとDeeper3Dそれぞれに優れた成分が配合されています。

フィンジアのピディオキシジルはミノキシジルと同等

フィンジアにはピディオキシジルが配合され、医薬品のミノキシジルとよく似た構造で、同等の発毛促進作用が確認されています。

その配合濃度は最高の2%


出典元:https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov

ミノキシジルの誘導体と呼ばれる物質で、働きはそのままで副作用が起きないように改良されました。このため、効果もミノキシジルと同等程度と期待されています。

Deeper3Dのリデンシルはミノキシジルの2倍

Deeper3Dの2つ目の主成分はリデンシルで、濃度は最大値の5%です。4つの成分で構成される複合成分で、効果も育毛から頭皮環境改善と複合的に。

育毛作用では、有効成分のDHQGによって毛根部の幹細胞を活性化、髪になる毛母細胞や毛乳頭細胞を増やすことで、髪の毛の成長を促す作用が望めます。

作用については実験データが公開され、毛包の成長度がミノキシジルの2倍だったことが確認されました。


出典元:www.redenhair.com

ミノキシジルは発毛効果が公式に認められた医薬品。

リデンシルはその2倍の成長力を持つって、スゴイ実力かも。

他にも注目の成分が配合されたDeeper3Dが優位に

Deeper3Dには、髪に作用する成長因子が8種類も配合。この成長因子はアミノ酸の結合体で、細胞の増殖を活発にする働きがあります。

頭皮から毛根に届いた成長因子は、毛母細胞や毛乳頭に働きかけて細胞の増殖を促します。その結果、髪の成長が期待できるんです。

8種類のうちKGFという因子は、AGAクリニックで行われるHARG療法という高額な治療で使われるもの。

それが育毛剤に使われるってかなり魅力的ですよね。こんな成分が使われているDeeper3dは、当然ながら高い評価になってきます。

成分対決は、Deeper3Dの勝ち!

フィンジアの優れた点にも注目!

勝ちはDeeper3Dに譲りましたが、フィンジアにも気に留めておきたいことがあります。

フィンジアのエビデンスについては、国内で臨床試験が行われました。

これは、育毛剤では画期的といっていいことなんです。

髪の毛の太さや密度の変化、被験者の画像やアンケートなどがまとめられ、データは香粧品専門誌・フレグランスジャーナル2018年3月号に掲載。


出典元:https://binb.bricks.pub

この試験で効果が客観的に確認されたわけで、フィンジアへの信頼性が一気に高まりました。

プランテルEXはフィンジアと発売元が同じ

ちなみに、フィンジアと同じ会社がリデンシル配合育毛剤を販売しています。キャピキシルに注目した会社だけあって、さすがにリデンシルの価値も見逃しませんね。

この育毛剤はプランテルEXで、M字専用が売りだったプランテルの進化型。リデンシルを配合して、髪の成長促進力を強化しました。

抜け毛抑制作用も強化して、髪の成長と脱毛防止のバランスがいい育毛剤です。まだ発売から日が浅く、評価はこれから。しばらく目が離せない存在ですね。

続いて価格を比ベてみましょう。

フィンジアvs Deeper3D価格対決はフィンジア勝利!

フィンジアは高い育毛剤なんですが、Deeper3Dも同じキャピキシルを使っているし、成長因子もあるので安くはないはず。

フィンジア Deeper3D
単品都度 13,440円 17,664円
1本定期コース 9,980円 10,390円※
3本セット1本当り 11,600円 12,620円
3本セット定期1本当り 8,967円
6本セット1本当り 10,395円

※9回目以降

比べてみると、やっぱりDeeper3Dは高いですね。表の通り、どんな買い方でもフィンジアよりは安くなりません。

Deeper3Dの最安値は1本定期コースで、フィンジアの最安値より1,423円高くなります。

ただ、この定期コースは段階的に安くなるシステムで、初回は14,100円。9回継続しないと10,390円にはならないんです。

値段を追求するなら、最初からほぼ最安値(5円の差)の6本セットを選ぶのが最もお得です。

ここまで高いのは、成分に自信があるんでしょう。それに、リデンシルは他社開発品の仕入れだし、8種類配合した成長因子も高価です。コスト高は避けられませんね。

こんなところで、価格対決は一目瞭然。フィンジアの圧勝!

購入しやすさでは、値段の他に返金保証制度も関係します。

フィンジアvs Deeper3D 返金保証対決は盲点発見でフィンジア勝利

購入して、もし自分に合わなかった場合でも、返金してもらえたらありがたいですね。市販の育毛剤ではそんなことしてくれません。

この全額返金保証制度は、フィンジア・ Deeper3Dのどちらにもあります。ただ、Deeper3Dのほうは、一般的な返金保証制度とは基本的に違います。

フィンジアとDeeper3D の返金保証はこんなに違う

フィンジアはごく普通の制度で、要点をまとめるとこんなところです。

フィンジアの要点まとめ
  • 申請できるのは、フィンジアを受け取って30日以内
  • 初めて購入する人だけが対象
  • 定期コース、複数セットは1本目だけが対象
  • 事前に必ず電話で申請(メール不可)
  • 返品送料は購入者負担(着払い不可)
  • 返金振込手数料は購入者負担(返金額から差し引き)
  • 制度を利用した後はフィンジアが購入できない

一方、Deeper3Dの返金保証は、こんなシステムになっています。

Deeper3Dの要点まとめ
  • 商品についてくるミニボトルでお試し
  • 本体を開封したら対象外
  • 返金申請は受け取り後14日以内
  • 初回購入だけが対象
  • 定期コースは対象外
  • 事前に必ず電話で申請
  • 返品費用は購入者負担(着払い不可)
  • 振込手数料は購入者負担

Deeper3Dが大きく違うのは、育毛剤本体を使えないこと。まず添付のミニボトルを使い、それで不都合があれば育毛剤を返品、返金してもらうシステムです。

もし、ミニボトルに続けて育毛剤本体を開封したら、それで対象外に。もう何があっても返金はされません。

そして、返金申請の期間は受け取ってから14日以内と、非常に短いのも特徴的。

Deeper3Dの返金保証に見つけた盲点とは?

返金申請ができる期間は2週間。ちょっと痒いんだけど、様子見ようか…と言ってる間に終わってしまいます。

そのうえ、使うミニボトルはたったの10㎖。5日程度しか使えない量なので、じっくり見極めることは無理でしょうね。匂いとかベタつきをみる程度です。

これだったら、申請期間が14日といっても実質試せるのは5日余り。見かけよりずっと短く、これが盲点だったのです。

フィンジアの全額返金制度は30日間で育毛剤が1本使えます。それに対して、全くかけはなれたDeeper3Dの返金制度です。

Deeper3Dと比べると、フィンジアの30日間じっくり試せる返金保証制度がすごく豪華に見えてきますよね。

ということで、返金保証はフィンジアの勝ち!

ミニボトルでお試しするDeeper3D。その使用感とは?

フィンジアvs Deeper3D使用感対決はフィンジア勝利!

フィンジアとDeeper3Dでは、頭皮へつける感覚は大きく違います。というのも、塗布する方法が全然違うからなんです。

フィンジアをつける時の感じはどう?

フィンジアは、育毛剤には多数派のスプレータイプです。ヘアスプレーみたいに拡散せず、勢いよく地肌に届きます。慣れてくれば力加減で量の調整も可能。

垂れてくることもないので、毎日の使用でもストレスなしで快適に使えます。

一方Deeper3Dはスポイトです。キャップと一体のスポイトに1回分を吸い上げて、それを少しずつ頭皮に塗っていきます。

このスポイトが目盛り付きなのはいいですね。スポイトが不評なのは、使用量がわかりにくいというのも原因の一つでしたから。

でも、塗る動作はスプレーより複雑で、量の加減も面倒。何よりも、スポイトの先が頭皮につくのが嫌ですね。頭皮の雑菌が移って繁殖しないかが気になります。

使用感がいいのは結局スプレー!

フィンジアとDeeper3Dの使用感では、感触や色、匂いなどには大した違いはありません。違うのは塗り方の差ですね。

これも、好みの部分が大きいとは思います。

私の経験からいえば、スポイトを毎日使うのは面倒です。育毛剤全体の流れでみても、スポイトからスプレーへの流れはあっても、逆はありませんよね。

結局は、スプレーが手軽で使いやすい!ということで、スプレータイプのフィンジアの勝利です。

では、他のユーザーの方々はどう感じているんでしょう。評判は?

フィンジアvs Deeper3D口コミ対決はフィンジア勝利!

人気度は圧倒的にフィンジア上位

キャピキシル系育毛剤ではDeeper3Dが最先発で、ずっと遅れてフィンジアが登場。だったら知名度はDeeper3Dが高いはずです。

でも、人気度ランキングでは常にフィンジアが上位なんです。

いろんな要素が関わった結果が上位ランクで、それが売上げの増加として現れたのが品切れです。

フィンジアは品切れを何回も繰り返しますが、Deeper3Dでは経験がないはず。品切れは、圧倒的なフィンジア人気の証明でしょうね。

SNSの口コミ情報量が多いのもフィンジア

ツイッター、2chやブログなど、ネットに出てくる情報を検索してみます。これが多いほど関心を持つ人が多いといえるでしょうね。

ツイッターへの投稿数は?

ツイッターではフィンジアの宣伝であふれ返ってますが、その合間にですがユーザーからの投稿も見られます。例えば、最近起こった品切れへの不満など。

Deeper3Dで検索すると、こちらは宣伝ばかりの底なし沼。でも簡単に2016年まで到達できるので、フィンジアより宣伝の投稿量も少ないようでした。

2chの情報量はどちらが多い?

2ch(5ch)で「フィンジア」で全文検索すると、「フィンジア総合」スレッドがズラッと出てきます。


出典元:https://zzzsearch.com

これが4ページほど続き、それからキャピキシルなどのスレッドへ続きます。中身は絶賛から誹謗中傷までいろいろ。とにかくフィンジアの情報は多いんです。

続いてDeeper3Dで検索すると、たったこれだけ。


出典元:https://zzzsearch.com

専用スレッドはおろか、キャピキシルのスレッドに4件だけしかありません。フィンジアの人気度を改めて実感します。

ブログで見つかる口コミ記事の量は?

「体験」のキーワードで検索してみました。どちらも肯定・否定取り混ぜて出てきますが、実体験の口コミ記事の数では、やっぱりフィンジアが多いと感じます。

Deeper3Dについては記事数の少なさもありますが、値段や返金保証期間のデメリットについて書かれた記事が目につきました。

2chやツイッター、ブログ記事。どのメディアも見ても、情報量の比較ではフィンジアの優位性が感じられます。

ブログ比較記事ではフィンジア推しが多数派

フィンジアとDeeper3Dについては、比較記事がかなり多く出ています。詳しい検証のあとどちらを推すか、その傾向をチェックしてみました。

私はフィンジアを使って髪の密度が上がり、Deeper3Dを使って髪にハリやボリュームが出た経験を持ちます。

成分の効果はどちらも認めたいと思いますが、違いは効果を得るための浸透力です。

フィンジアにはカプサイシンがあって、意識しなくても浸透力を高めてくれます。ところが、Deeper3Dには別途「バリアスルー」が必要。

もともと高価なうえにバリアスルーが上乗せでは、コスパの点でフィンジア優位かなと思います

育毛剤の選択では、何といっても効果が最も重要でしょう。その点ではフィンジアもDeeper3Dも、十分期待できる成分構成だと思います。

でもその他の価格、返金保証、口コミといった部分ではフィンジアの優位性は圧倒的。使いやすさでははっきり違いますね。

キャピキシル系育毛剤は、どれにも効果は望めます。でも値段が高いので、中でも安いフィンジアが特におすすめだと思っています

成分ではDeeper3Dの成長因子が話題になりますが、これは頭皮に直接注入して効果があるもの。塗っただけでの効果は疑問で、配合濃度も不明です。

それよりも、塗って効果が望めるフィンジアのピディオキシジルが買い。浸透力とコスパ、スプレーの使用感を考え合わせると、私はフィンジアを選びます

3つのブログ記事を紹介しましたが、最初と2番目の記事では効果の違いはさほど気にしていませんね。どちらの効果も認めています。

選ぶ目安はその他の部分。特に決め手は値段でした。Deeper3Dが高いという認識は同じで、それより安いフィンジアがおすすめです。

3番目の記事は成分面でもフィンジア優位。「成長因子配合」だけでは決め手にならず、それよりも実績のある成分を配合したフィンジアを選びました。

こんな記事が多く、全体の傾向としてはフィンジア推しの流れが主流といっていいでしょう。

フィンジアvs Deeper3D 総まとめ

キャピキシル系育毛剤を代表する2つの育毛剤を徹底比較しました。チェック項目ごとに結果をまとめてみましょう。

総まとめ
  • 成分ではリデンシルと成長因子でDeeper3Dの勝ち
  • 価格の比較はフィンジアが圧勝
  • 返金保証は申請期間と判断方法でフィンジアの勝ち
  • 使用感ではスプレータイプのフィンジアの勝ち
  • 口コミ対決は総合的にフィンジアの勝ち

Deeper3Dが優位だったのは成分対決だけ。あとはことごとくフィンジアの勝ちで、一方的に優位なフィンジアが買い!に決まりです。

フィンジア優位にさらに補足事項が

あと、フィンジアについてちょっと補足しておきます。おススメするにあたって、特に強調したい点が3つ。

強調したい点
  • 国内の臨床試験でエビデンスがさらに強化
  • サッと使える気軽さは何より快適
  • 価格差が大きい

この3点ですが、特に3番目の価格の安さです。Deeper3Dの定期コース14,100円というのは、誰にとっても厳しい価格でしょう。

1回買って終わりじゃないので、私が選ぶのは高すぎるDeeper3Dじゃなく、コスパが最高のフィンジアにします。

↓↓魔娑斗も推薦!全額返金保証付↓↓